ジャカルタの観光アトラクション

休暇に訪問する場所をお探しですか? ジャカルタは選択肢のひとつかもしれません。 ジャカルタはインドネシアの首都で、13,000以上の島々と1億8,000万人以上の人口を抱える国です。 この都市はインドネシア指定観光地の一つです。 国内最大の空港、インドネシアで最も重要な港、ジャバ島の他の都市への交通を備えています。 この都市では、現代的、伝統的、世俗的、神聖、貧困層、富裕層のコントラストが、大都市の中でお互い共存しています。 インドネシアで最も人気のある観光地の一つとして、この街には多くの観光スポットがあります。 この記事では、休暇でジャカルタを訪れる際にできることをいくつか紹介します。

ジャカルタにはたくさんの場所があります。 短期間にジャカルタを探索するのにおすすめの場所は次のとおりです。

  • カフェ・バタビア、オールドタウン、コタ・ツア、スンダ・ケラパ港:ほとんどの建物はあまり保存されていないにもかかわらず、オールドタウンまたは時にはオールド・バタビアと呼ばれるこの場所は、インドネシアにとって歴史的に重要な意味を持ちます。 オールドタウンには、ジャカルタ歴史博物館(ファタヒラ博物館)、人形館、美術館と陶器博物館など、興味深い博物館があります。 旧式の自転車を$ 3で借りてスンダ・ケラパ周辺を歩くことができます。
  • アンコール・ドリームランド(タマン・インピアン・ジャヤ・アンコール):厳しい生活の忙しさから脱出しようとしている人にとって、この場所は夢の世界となりえます。 ドゥファン(ドゥニア・ファンタジー・ファンシー・ワールド)、イルカショーのオーシャンドリームサムドラ、オーシャンエコパーク、アトランティスウォーターアドベンチャー、シーワールド、アートマーケット、ゴンドラなどのアミューズメント施設があります。 また、24時間営業しています。
  • インドネシア国立博物館:この場所はジャカルタの象徴で、ジャカルタに行くときに訪れるべき場所です。 ジャカルタの真ん中のメダン・ムルデカ・バラット通りに位置し、1つの建物に考古学的、地理的、歴史的、民族学的な知識を提供しています。 そこには象の姿があるため、ゲダンガジャ(象の建物)としてもよく知られています。
  • ジャカルタアートシアター(ゲダン・ケセニアン・ジャカルタ):オランダ植民地時代に建てられたジャカルタのコンサートホールです。 イスティクラルモスクとジャカルタ大聖堂の近くに位置するこのコンサートホールは、ミュージカル公演から劇場ショーまで様々な芸術公演を開催しています。 カルチャーショーやコンサートが大好きな人にとって、この場所は間違いなく訪れるべき場所です。
  • 国立記念碑(モナ):この建物はジャカルタの象徴であり、ジャカルタに行くすべてのゲストにとって欠かせないものです。 この記念碑は、インドネシア初代総裁、スカルノ大統領の指揮の下、インドネシアの自由闘争の象徴となります。

上記の場所は、ジャカルタでの訪問場所のほんの一部です。 まだたくさんの観光スポットがあり、その中のすべてを訪れるのに十分な時間はないかもしれません。 しかし、短い休暇のために、それらの場所はあなたのニーズを満たすのに十分なはずです。